FC2ブログ

青硯書道会代表者のブログ

年頭に際し

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒ご協力の程お願いします。
昨年は大きな問題も起こることなく一年を終えることができました。
役員、会員諸氏のご協力に依るものと改めて感謝申し上げます。

現在、日本の書道界はユネスコの世界遺産に日本の書道文化を登録するよう運動を行っております。
書道文化が世界に認められることは非常に大きな誇りとなり、これから書道を志す若い方に大きな力となるでしょう。

今、自分が思っていることは、小中学校での書道教育についてです。
数年前に全日本書道連盟にて書道教育推進の署名活動を行い、九十数万人の署名を文化庁に渡しました。
現在、大学で書道を勉強している方の就職先は、書道用具店、印刷会社、中高の国語教師等です。
もし小中高で書道が一科目として認められれば、各学校に一人の書道専任の教員を得ることができます。
大きな就職先となって、書道を専門に勉強する方が増えるはずです。
書道は文化だから決してなくならないと言える現状ではありません。
これから三十年、四十年先に日本の書道文化は残っているのでしょうか。自分としては非常に不安です。

現在、本会役員、同人会会員としてご協力いただいている先生の数は百数名。
昨年の同人展は四十名ほどの出品でした。多い時の半分以下となってしまい寂しい限りです。
本年は六月八日より十日の四日間にて第二十九回青硯書道会展、
十月九日より十五日の七日間にて第四十六回青硯同人会展を予定しております。
ご協力の程合わせてお願い申し上げます。

私事ですが、改組新第三回日展に入選することができました。
今回は轟友会から審査員が出ず、昨年以上に厳しい審査と聞きました。
そのような中で入選できたことは、師樹邨先生、轟友会、牛刀会の諸先生のご尽力のお陰と感謝申し上げます。

会員の皆様の更なるご健康、ご健筆をお祈りし、新年の挨拶といたします。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/01(日) 15:10:10|
  2. ご挨拶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<晨風会展のご案内 | ホーム | 『美じょん新報』掲載記事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seiken1954.blog67.fc2.com/tb.php/260-9102b38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

清水松塢

Author:清水松塢
青硯書道会代表。
日展入選14回。
第30回読売書法展準大賞受賞。
読売書法会理事。
謙慎書道会常任理事。

最新記事

カテゴリ

未分類 (22)
ご挨拶 (11)
新年会 (4)
展覧会 (149)
青硯展 (25)
同人展 (82)
祝賀会 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する